●読みやすい文章を書くためのマナー:3

横1行の文字数
123456789012345678901234567890123
メール本文を記述する際の1行の最大文字数は、全角で 25〜35文字程度と(半角50〜70文字)することがマナーとされています。
これは、1行が長いメールだと横スクロールしないと読めないといった事を避ける為で、見た目に読みやすいメールを書く事を促す為のマナーです。
返信のために引用符 (">"等)などを付加した場合のことも考慮された長さでもあります。また、あまりに長い行があると相手にメールが届く前に行の途中で切られてしまう事もあります。
(初期状態で自分のメールソフトが半角72文字で改行し送信する場合が多いです。)
送信するときの1行の長さを何文字目で折り返すかを指定する機能もありますが、なるべく編集時に気を付けるようにしましょう。

引用時の注意(返信・転送の場合など)
返信時に元メールを全文引用するのはなるべく避けましょう。
だらだらと不必要な部分を引用したメールは、見た目にも読みやすいものとは言えません。
だからと言って、何に対する返信なのか分からなくなってしまうほど引用部を削除してしまうのも困りものです。

シグネチャ(署名)に関して
少なくとも名前/電話番号/メールアドレスだけでも記述しましょう 。
(名前などを書くのは電子メールに限らず当たり前のマナーですね。)
また、あまり長いシグネチャは書かないようにしましょう。
横全角35文字・縦10行程度以内が目安と推奨されています。

Sample
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……‥・・ ・ ・ ・
■■■■■■■ ○○○○○○株式会社
■■■■■ 123-4567 ○○○○○○○○○○○○○○
■■■ TEL:123-123-4567 FAX:123-123-4567
 mailto:abcd@efg.co.jp 
WebPage http://www.efg.co.jp Map http://info.efg.co.jp/map 
━ABCD━━━━━━━━━━━━━━━━━━━……‥・・ ・ ・ ・

添付ファイルに関して
添付ファイルの機能はすごく便利なため、ついつい多用してしまいますが、あまり大きなファイルを添付すると、ネットワーク、サーバ、受信相手に対して多大な迷惑をかけることになります。

他人に依存しすぎない
メールは相手のアドレスさえ分かっていればすぐに送信できる、たいへん便利なものです。
しかし、その便利さ故、何でもかんでもすぐにメールで質問をしてしまう"他人依存症"が増えています。
できるだけ「まず自分で調べてみる」ということを行って欲しいものです。
また「メールはリアルタイムで返事が返ってくる」ツールではありません。相手が返事を書くときには、他の業務の時間をさかなくてはならない事を常に気に留めておいてください。」
1 2 3 FAQ

GRACYGRACYGRACYグレイシー